Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鍋に顔をつけるパワハラをした芸能プロはどこ?社長は誰か特定?Popteenモデル在籍渋谷の芸能事務所

衝撃的な画像と共に

ひどいニュースが入ってきました・・・

雑誌『Popteen』モデルなどが所属する芸能事務所が

2015年に主催した忘年会で、

事務所社長による凄惨なパワハラが起こったと

週間新潮で報じられています。

今日は、そのパワハラの内容や、

パワハラを行った事務所はどこなのか、

パワハラを行った社長は誰なのか

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

煮えたぎる鍋に部下の頭を突っ込む衝撃のパワハラ

今回のニュース、パワハラなんていう言葉では

片づけられません。

傷害、殺人未遂と言ってもいいくらいではないでしょうか。

衝撃の画像がこちらです。

(閲覧注意)

ことが起きたのは2015年12月20日。

芸能事務所主催の忘年会のことでした。

火のついた卓上コンロで沸かされた鍋に、

頭を突っ込まれているのです。

はっきり言って、正気の沙汰ではありません。

加害者は当時25歳の芸能プロダクション社長で、

現在は28歳になっているそう。

被害者は当時23歳だった従業員だそうです。

クライアントのために面白いことをやれと社長に言われ、

しゃぶしゃぶ鍋に頭をぶち込まれたそうです。

ウシジマくんの世界かよ・・・って感じです。

果たして目の前で人間が熱湯に顔を突っ込まれ、

それを見て面白いと思う人がいるんでしょうか?

自分がクライアントだったら、

そんなことをする社長なんて即絶縁すると思うんですけど。

クライアントも、普通ではないのかもしれません。

なお、従業員は、

後遺症の残る可能性がある熱傷を負ったといいます。

さらにこのときだけではなく、

社長からの日常的なパワハラで精神的に追い詰められていたと語っているそうです。

画像よりひどい動画は、デイリー新潮のHPで見られるそうです。

(が、管理人は怖くて見ることができません・・・)

スポンサーリンク

社長の言い分は?

週刊新潮の取材に対し、加害者である芸能事務所の社長は、

なんと、

「悪ふざけだった」

という内容の回答を文書で行ったそうです。

煮えたぎる鍋に頭を突っ込んで、

悪ふざけだだったと言える神経が知れませんね。

じゃあ加害者に対してもみんなが悪ふざけして

全身を煮えたぎる鍋に入れてあげたらいいんじゃないですかね。

加害者的には面白いんですよね?

スポンサーリンク

どこの芸能事務所?社長は誰?

気になるのは、どこの事務所で社長が誰なのかということ。

事務所は、東京・渋谷区に所在しており、

ポップティーンの元モデルが在籍しているということが

明らかになっています。

が、事務所や社長の特定には至っていないようです。

押さえている手が女性っぽいことから、

社長は女なのではないかとネット上では言われてもいるようです。

もし女性だとしたら、

まあ男性でも十分頭おかしいんですけど、

当時25歳という若さでそのような暴力的なふるまいをしていたというのは

信じがたいことですね。

芸能界の闇を感じます。

また、その場にいる別の女性たちも、

記事では「悲鳴をあげていた」というように書かれていますが、

実際には悲鳴というより歓声をあげているようで、

また、被害者は二回(!)鍋に顔を突っ込まれているのですが、

二回目は周りの女性たちがカウントダウンをしているようですね。

社長のみならず、その場にいて喜んでいた人間たちの人間性を疑います。

というか、ヒトですらないと思います。

これだけのひどい事案ですから、

きちんと刑事告訴されて社会的にも大きな制裁を受けることを願います。

スポンサーリンク

まとめ

本当にひどい動画で、メディアでもきちんと報じてほしいものですが、

芸能事務所で起きた問題ということで、

もしかするとだんまりを決めとおすのでしょうか・・・。

そうなると許しがたいですね。

何としても、罰を受けるべきだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする